ミャンマーでの活動

ミャンマーでの活動

ミャンマー連邦共和国 無償供与支援事業

民族フォーラム(以下,当法人)は、活動の一つとして、埼玉県内に所在する大学(埼玉大学を
含め6大学)の留学生と交流を持ち、留学生が勉学しやすいような環境改善支援活動(アルバ
イト・卒業後の日本国内での就職助言など)を行ってきました。
そして「留学生のための日常生活ガイドブック」を発行して、前記6大学の留学生に配布して
その活動を支援してきました。

ミャンマーにようこそ
ミャンマーにようこそ

彼ら留学生に対する支援活動を通じて、留学生の親御さんとも交流が生まれ、。2004年には
ミャンマー住在の親御さんから 国民の安全と財産を守るために消防車・救急車が欠かせない
が、現在はそれらが少ないとの理由で中古車両の提供要請がありました。

この要請に基づいて、外務省・埼玉県及び医療機関から提供支援を頂き、2005年消防車
1台、2006年消防車1台と救急車1台をヤンゴン消防本部に無償供与することができました。
更に、前記機関の支援を得て、2007年にはヤンゴン市内にあるジビタダナ・サンガ病院
(僧侶と貧困層向けの無料の私立医療病院)に胸部検診車1台と胃部検診車1台を無償供与
することもできました。

ジビタダナ・サンガ病院への 検診車供与
ジビタダナ・サンガ病院への
検診車供与

この後の2009年9月、当時の在日ミャンマー全権大使から「ミャンマー国の国民の生活安
定と財産を守るために、消防車、救急車の絶対数が不足しているので、1台でも多くの車両の
供与を続けて欲しい」との強い要請がありました。

介護施設への救急車供与
介護施設への救急車供与
新設消防署への消防車供与
新設消防署への消防車供与
救急隊施設への消防車供与
救急隊施設への消防車供与
ヤンゴン市内消防署への 消防車供与
ヤンゴン市内消防署への
消防車供与

この要請に基づき、当法人は消防車・救急車を緬国に無償供与支援事業として継続してきました。
なお、今後共ミャンマー国の要請状況に合致した条件で、同国民の日常生活の安定と
財産の保護を目的として、これらの無償供与活動は継続したいと念願しております。
現在迄の無償供与の車両台数は、下表のとおりです。

特定非営利活動法人 民族フォーラムからミャンマー国向無償供与車両台数

(単位:台数)

西暦(和暦)消防車救急車合計
普通車両普通車両X線検診
装置付
胸部検診車
X線検診
装置付
胃部検診車
2005(H17)11
2006(H18)112
2007(H19)112
2008(H20)
2009(H21)
2010(H22)325
2011(H23)415
2012(H24)
2013(H25)44
2014(H26)44
2015(H27)112
合計1851125

注 : ① 空欄は「なし」を示す。
② (Hxx)ー和暦の称号である”平成”の頭文字(H)を示す。